スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, bookmark

JORMA TRINITY発売

15年間製造販売され続けてきたNO.3シリーズが完了となり、

待望の新エントリーモデル「JORMA TRINITY(ヨルマ・トリニティー)」が

遂に発売されました。

上位機種のJORMA STATEMENTやJORMA DUALITYの概念を持ち込んだ

JORMA TRINITYはNO.3 から比べると数ランク上のクオリティを備えた製品に

仕上がっており、エントリークラスもいよいよこのレベルまで来たかと興奮を隠せません。

 

TRINITY RCATRINITY XLR

 

導体の純度は6N銅から8N銅へ繰り上がり、シールド層は増強され、

プラグ類もXLR以外はすべて刷新されました。

情報量、質感、安定感、解像度、空間表現とどれをとってもNO.3を

遥かに上回ってしまったという衝撃を受けました。

 

TRINITY SPK

 

これで取扱当初からのNO.1、NO.2、NO.3というシリーズがすべて終了し、

ようやくUNITY、DUALITY、TRINITYと新シリーズが出揃ったことになります。

更に上にはSTATEMENT、PRIME、ORIGOといった次元の違うシリーズも

存在しているわけですが、先ずはヨルマ初心者やNO.3、NO.2ユーザーには

この最新エントリーモデルのJORMA TRINITYをお試しいただきたい。

at 18:27, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

JORMA DESIGN:模倣品について

ヨルマ・デザイン製品の模倣品についてのご報告がございます。

昨年、ネット通販サイト並びにネットオークション等において、

ヨルマ・デザイン製品の偽物販売の被害が確認されました。

お客様には、模倣品、改造品、並行輸入品、新品と偽った中古品等の購入や

代金搾取等の被害に遭われない為に、ヨルマ・デザイン正規特約店にて

お買い求め頂くようお願い申し上げます。

正規輸入品以外の商品に関しまして、弊社では、一切のクレーム・補償・

責任を負いかねますのでお買い求めの際は十分ご注意ください。

 

at 10:27, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

オーディオアクセサリー銘機賞2019 受賞案内

音元出版主催のオーディオアクセサリー銘機賞2019に下記の弊社取扱製品が受賞致しました。

■オーディオアクセサリー銘機賞2019

オーディオアクセサリー銘機賞2019 特別賞 

JORMA DESIGN インターコネクトケーブル「JORMA STATEMENT RCA/XLR」

 

■フォノケーブル部門 JORMA DESIGN 「JORMA PHONO *DIN-RCA/DIN-XLR」

at 19:02, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

オーディオ銘機賞2019受賞案内

音元出版主催のオーディオ銘機賞2019に下記の弊社取扱製品が受賞致しました。

■オーディオ銘機賞2019

 

アナログプレーヤー部門  

KUZMA  「STABI S コンプリート・システム轡▲疋丱鵐后

 

 

パワーアンプ部門   VITUS AUDIO 「SM-102」

at 18:16, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

ビジュアルグランプリ2018 SUMMER 受賞案内

音元出版主催のビジュアルグランプリ2018 SUMMERに弊社取扱製品が受賞致しました。
 
■ビジュアルグランプリ2018 SUMMER

 

電源ケーブル部門 JORMA DESIGN  「AC LANDA RH供

 

at 18:52, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

アナロググランプリ 2018受賞案内

音元出版主催の『季刊・アナログ』におけるアナロググランプリ2018に下記の弊社取扱製品が受賞致しました。

 

■アナロググランプリ2018

 

PENAUDIO   「CHARISMA SIGNATURE」

at 18:45, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

オーディオアクセサリー銘機賞2018受賞案内

音元出版主催のオーディオアクセサリー銘機賞2018に下記の弊社取扱製品が受賞致しました。

■オーディオアクセサリー銘機賞2018

 


スピーカーケーブル部門 金賞(トップ賞)   JORMA DESIGN   「JORMA DUALITY SPK」

DUALITY SPK

インターコネクトケーブル部門     JORMA DESIGN   「JORMA DUALITY RCA 及び XLR」

DUALITY RCADUALITY XLR

スピーカースタンド部門     COLD RAY   「COLD RAY PST 700」

アナログ関連アクセサリー部門    AFI   「FLAT.(フラットドット)」

flat.

at 16:20, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

オーディオ銘機賞2018受賞案内

音元出版主催のオーディオ銘機賞2018に下記の弊社取扱製品が受賞致しました。

■オーディオ銘機賞2018

 

アナログディスク関連部門           KUZMA  「4POINT」

 

スピーカーシステム/小型部門       PENAUDIO「CHARISMA SIGNATURE(カリスマ・シグネチャー)」

at 18:16, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

ビジュアルグランプリ2017 SUMMER 受賞案内

音元出版主催のビジュアルグランプリ2017 SUMMERに弊社取扱製品が受賞致しました。
 
■ビジュアルグランプリ2017 SUMMER

スピーカースタンド部門
JODELICA   「JODELICA TUNING STAND」

 

 

 

COLD RAY   「PST700」

at 18:42, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark

AFI (オーディオ・フィデリティー・インプルーブメント) FLAT.(フラットドット)発売

2016年に設立されたドイツのオーディオメーカー「AFI (Audio Fidelity Improvement)」の第一弾製品「 FLAT.(フラットドット)」が先月末に発売されました。一体なんだろうと思われた方も多いようですが、一言で言えばアナログレコードをプレス時の状態に戻すデバイスです。と言っても、キズを修正するものではありません。

フラットドットはレコードフラットナー&リラクゼーションデバイスという新カテゴリーの製品です。

 

フラットナー機能(スタンダードモード)はいわゆるレコードの反りを無くす機能ですが、単に平らにするだけではなく極めて緻密な温度管理プログラムと正確な熱分布システムで音質を劣化させずに反りを取ります。

そして、もう一つのリラクゼーションですが、むしろこの機能が本当の意味で革新的で音質向上に大きな効果をもたらすものです。フラットナー機能の温度管理プログラムを更に掘り下げ、リラックスモードではレコードの音溝をプレス時の音溝に戻すことで、本来の音楽性を引き出すというのです。昨年初めて聞かされた時は半信半疑でした。どういう理論なのか?そんなことで音が良くなるのか?

AFI代表で物質科学の化学者であるウルリッヒ・ケーテ博士は言います。

 

「多くのレコードはプレス直後からの冷却プロセスにおいて物質的にストレスを受け、微細な音溝、或いはレコード盤全体が変形してしまいます。これをflat.(フラットドット)は加熱と冷却の緻密なプログラムによって、崩れたビニール素材の分子の結晶を再整列させることでレコード盤のストレスを解消し、プレス時本来のフォームに戻します。」

 

これをレコードのリラクゼーションと呼んでいるわけです。

まずは反ったレコードをフラットドットのスタンダードモードで処理してみました。

きれいに平らになりました。音を聞くと、トレースがスムーズになったせいか時間軸の精度が増し、音楽そのものが自然でより位相が合い空間性も向上したように感じられました。少なくとも過去に体験したようなフラットニング処理による音の劣化は一切感じられず、かなりポジティブな方向に変化したのは確認できました。

但し、すべてのレコードが反っているわけではありません。手持ちの何枚かのレコードの反りを取るためにこのデバイスを購入するかと言えば疑問です。むしろ、それだけならこの商品を取り扱うことはなかったでしょう。

しかし、我々を虜にしたのは先ほど触れたリラクゼーション機能だったのです。

このデバイスの核心と言えます。

 

基本的にレコードはプレス直後から始まる冷却プロセスにおいて物質的ストレスを受けます。要するに見た目は反っていなくてもほとんどのレコードは音溝レベルにおいて歪んだ状態で我々の手元に届いているということです。

これは新品のレコードでも既に音溝が変質してしまっているということになります。

それを温度管理プログラムで変質前の状態に戻すことができるなら・・・

期待と不安の入り混じる中、レコードをリラックスさせることにしました。

厳密に比較するため聴きなれたアルバムを2枚新品で再入手し、クリーニングし、音に差異がないことを確認の上、そのうちの1枚をリラックスモードにかけました。

処理に3〜4時間かかるため、試聴は翌日となりました。

まずは未処理の方を試聴。当然、いつも通りの聴きなれた音。なんら問題は感じられません。そして次に、リラックス後のストレスフリー状態のレコードを再生。

 

耳を疑いました・・・

質感が・・・全然違う。これは生楽器の質感だ!と咄嗟に感じました。

もう一度未処理のレコードを聴きます。生楽器の質感には聞こえなくなってしまった。というのも今まで生楽器だと思って聞いていた録音がこのストレスフリー状態の音を聞いてしまうと未処理のレコードではリアルな楽器の音には聞こえなくなってしまったのです。

再度、リラックス処理のレコードを聴きます。鮮明で、きめ細かい表現がしっかり浮かび上がり、なんと言っても生々しく心地いい。ストレスのかかったレコードはやはりストレスのかかった音がしていたことになります。これはアナログレコードを再生する上での根本的な問題と言えるのではないでしょうか。レコードの製造過程に起きるストレスなのですから。

 

Why リラクゼーション?

今回わかったことは、やはりストレスは解消すべきということです。

実際フラットドットの効果を体感すると、もう手放すことができなくなりました。

レコードをリラックスさせることで更にマスター音源に近づくことができ、

また一つ上のアナログオーディオライフを過ごせるようになりました。

おかげさまで、初期入荷分は完売し、近日中に再入荷の予定です。

 

flat.

ガラス筐体ですので、くれぐれも慎重にお取り扱いください。

at 13:09, シーエスフィールド株式会社, -

-, trackbacks(0), bookmark